2018年06月27日

【情報】子育て世帯住み替え助成~2018年度 福岡市~

pixta_36457256_S

■福岡市、最大25万円助成へ!賃貸でも売買でも可♪

福岡市では、子育て世帯の住み替えにかかる初期費用を最大25万円助成する制度の利用申し込みを今月18日から開始した。

これは、福岡市が本年度から始める新規事業で、18歳以下の子供や妊婦さんがいる世帯が対象となります。市内の賃貸住宅への引越し中古住宅の購入にかかる初期費用の2分の1を助成してくれるそうです。対象経費は、引っ越し代の他、不動産取引にかかる礼金や仲介手数料等で、助成金の上限は15万円ですが、子供が3人以上の世帯や親世帯と同居・近居する場合はそれぞれ5万円が加算され、最大25万円となります。

pixta_28302618_S

■助成対象となる経費

申請世帯が事業者(不動産会社、引越業者)に支払う経費で以下のものが対象になります。

○仲介手数料 ○火災保険料 ○礼金 ○家賃債務保証料 ○引越し運送費用

○エアコン等の取り外し・取り付けに係る費用 ○引越しに伴う不用品の処分費用

 

■助成金額はいくら?

○助成対象となる経費の合計額(消費税を含む)の2分の1(上限額15万円)

○同居・近況、多子世帯は上限額にそれぞれ5万円を加算した額が上限 (最大25万円)

 

■助成対象となる世帯は?

この助成金を受ける為には、以下の1~9の全ての要件を満たしている事が必要です。

 子供(18歳に達する日以降の最初の3/31までの間にある者)、または妊娠している者がいる世帯

 転居後、福岡市内に住民票があること。

 転居前の住宅の直近6ケ月間の家賃に未払いがないこと。

4 転居前後の住宅が以下の要件を満たすこと。

●転居前の住宅(福岡市内外)

・申請世帯が所有者と賃貸借契約を締結し、家賃を支払う民間賃貸住宅

・勤め先の会社が所有又は借り上げている住宅等の住宅

(退職等により立退きを求められた場合に限る)

●転居後の住宅(福岡市内)

・申請世帯が所有者と賃貸借契約を締結し、家賃を支払う民間賃貸住宅

・申請世帯が所有者から購入した既存住宅

※平成30年4月1日以降に引越を行った方が対象です。

※公営住宅、UR賃貸住宅などの公的賃貸住宅、申請者所有の住宅からの住替え、それらの住宅への住替えは対象外です。

 前年における世帯の総所得金額が、以下に定める金額以下であること

[2人世帯3,488,000円][3人世帯 3,868,000円][4人世帯 4,248,000円]

[5人世帯 4,628,000円] ※6人以上の場合は、要確認。

 転居前の居住地における市税等に係る徴収金に滞納がないこと。

 生活保護を受給していないこと。

 暴力団員又は暴力団と密接な関係を有する者ではないこと。

 過去にこの助成金を受けていないこと。

 

■住替え後の住宅の要件

住替え後の住宅が、以下の1~3のすべての要件を満たしていること

 以下の専有面積を有する住宅であること

[2人世帯 30㎡以上][3人世帯 40㎡以上][4人世帯 50㎡以上][5人世帯 57㎡以上]

 住宅の家賃(共益費、管理費等を除く)が、以下の金額以下であること

[2人世帯 70,000円][3人世帯 75,000円][4人世帯 80,000円][5人世帯 85,000円]

※既存住宅購入の場合は、関係ありません。

 原則として、昭和56年6月1日以降に建築された住宅であること

 

その他

※公募期間は、平成30年6月18日~平成31年2月28日までです。

※募集期間内で先着順で、予算枠(1,300万円)に達した時点まで。

※助成金の交付申請は、引越日から5ケ月以内に申請のこと。

※お問合せ先 福岡市住宅都市局 住宅部 住宅計画課(電話092-711-4598)

 

新聞・市政だより等で告知されてましたが、恐らくご存知ない方、知らない業者さんも多いと思います。

株式会社estアドバイザリーサービスでは、賃貸・売買のお客様で該当するお客様には、ご提案のうえ、申請のお手伝いもさせていただきます♪

 

株式会社estアドバイザリーサービス

株式会社estアドバイザリーサービス

過去のestアドバイザリー
サービスBLOGはこちら